column
ウッドデッキの豆知識

天然木材の特徴

家具や床など、家の中の様々な場所で木材が使われています。木目の家具や床などは、見た目にも暖かみがあり落ち着きますよね。
様々な用途で使われている木材には、天然木材や人工木材など複数の種類があります。

天然木材は、名前のとおり人工的な加工をしていない”天然の木材”を指します。
無垢材とも呼ばれ、一本の木から必要な寸法に切り出しており、継ぎ目もなく木本来の風合いが魅力です。
ここではそういった天然木材の特徴について詳しくご紹介します。

自然な風合いが美しい天然木材

天然木材の一番の魅力は何と言ってもその自然な風合いを楽しめることでしょう。
色、肌ざわり、質感、木目、そのどれもが木本来のままです。経年変化してゆく風合いも楽しめます。
化学物質を使用していないため、アレルギー体質の方や自然志向の方にも適しています。

ただし、自然のまま使われるため、傷や節もあり、色味もバラつきがあります。
使用上の問題は無いため、これらも自然の魅力と捉え楽しめると、より愛着を持つことができるでしょう。
これらの傷や色のバラつきが少ない天然木材を選ぶこともできます。ただし、流通量が少なく、価格も高価になります。

長く使える耐久性

ハードウッドの天然木材は耐久性が非常に高く、しっかりとメンテナンスを行なうことで長く使用することができます。
白アリや湿気に強いものが多く、雨風にさらされる屋外での過酷な使用環境下においても、30年以上使用可能な品種もあります。
そのため、様々な屋外の公共施設にも使用されています。
屋外で長く使える耐久性と自然の風合いが楽しめる天然木材はウッドデッキにも最適です。

天然木材は気温による影響が少ない

人工木材はプラスティックを含むため、夏の陽射しに当たり続けると素足では歩けない程熱くなります。反対に真冬はとても冷たくなります。
一方で、天然木材は気温による温度変化は少ないため、ウッドデッキなど素足でも歩く床材に適しています。

天然木材を選ぼう!

天然木材と違って人工木材は、木材ではなく表面に木目の加工を施した樹脂材です。
人工木材の良さは、反り、曲がり、ささくれ、変色が少ない点です。また、加工もしやすいため扱いやすく、品質のバラつきも少なくなっています。
これらのメリットを求める方には天然木材よりも人工木材をおすすめします。

しかし、長く使いたい家具や家などには、コストが掛かったとしても天然木材を選ぶことをおすすめします。(人工木材は大量生産が可能なので低コストです。)
前述したように天然木材ならではメリットがありますし、傷や経年劣化も味になり、使い込む程に愛着がわくことでしょう。