column
ウッドデッキの豆知識

作成に必要な工具・道具を揃えよう

ここでは、ウッドデッキを作る際に必要な工具、あると便利な工具に分けて紹介していきたいと思います。

ウッドデッキ作成で必要な工具

ハードウッドのような堅い木材は、電動ノコギリ(丸ノコ)がないと切断することができません。丸ノコは、木材を簡単に真っ直ぐ切断することができるので、ウッドデッキ作りには欠かせない工具です。
また、細かい部分を切るために電動のジグソーがあると非常に便利です。さらに、丸ノコやジグソーで切った木材をなめらかにするために、電動サンダーも必要になってきます。

ウッドデッキの組み立ては、基本的にドライバーを使ってビスで木材同士を留めます。ドライバーは、手間と時間を考えると電動タイプがお勧めです。
ハードウッドの場合は、電動ドライバーでもなかなかビスが通らないことがあるので、下穴を空けておく必要があります。ドリルドライバーと呼ばれる電動の錐を準備しておくと作業がはかどるでしょう。

電動ドライバーとドリルドライバーの両方を買う余裕がない場合は、インパクトドライバーという先端をドライバーとドリルに付け替えることができるものを選ぶとよいでしょう。ハードウッドは堅い木材なので、パワーのあるインパクトドライバーをおすすめします。

あると便利な工具や道具

ウッドデッキを作るためには、電動の道具を多用すると作業が楽になります。そのため、電源を確保するためにドラム式のコードリールがあると便利です。
また、ウッドデッキはたくさん木材を切断して組み立てるので、長さを測るメジャーや水平をとる水平器を1つ持っておくと作業がしやすくなります。メジャーも水平器も安価な物で問題ありません。

他にも、直線を引くために、墨壺という大工道具があると便利ですが、L字になっている差し金でも充分代用できます。差し金は、木材が直角になっているかを簡単に調べることができます。
また、木材と木材を仮止めするために、クランプと呼ばれる固定器具もあると便利な工具の1つです。

工具や道具を揃えてウッドデッキを作ろう!

ウッドデッキを作るためには、複数の工具が必要になってきます。
特に、ハードウッドを使用する場合は、手動では難しいので、電動のものを購入するようにしてください。
すべて高額なもので揃える必要はありません。コストを抑えても問題ない工具、少し値段の高いものを用意したほうがいい工具というように、バランスを取って、無理のないように予算内に収まるように調整していきましょう。