column
ウッドデッキの豆知識

クマル材について

ウッドデッキなど、屋外で使うハードウッドの木材は近年、価格が高騰しています。しかし、クマル材は価格が安く美しい木目が特徴で人気のある木材です。

クマル材は、高級な木材のイペにそっくり

クマル材は、ハードウッドの中では高価な部類のイペ材に類似している木材です。イペ材は、耐久性や木目の美しさから日本でも高い人気を誇ります。しかし、近年価格が非常に高騰しています。また、流通が不安定になっています。
そこで、イペ材の代替としてクマル材を使うことが増えてきています。クマル材は、イペ材に非常によく似た木材で、耐久性や木目の美しさはイペ材に引けをとりません。

木目が美しい

クマル材は、木目がくっきりとしていて美しい木材です。ハードウッドの中で、木目がくっきりと出るモノは珍しく、ウッドデッキなどの屋外で使われるだけでなく、キレイに磨いて屋内のフローリング材として使われることもあります。
色は、赤褐色、黄褐色、茶褐色が混在しておりバラツキがあります。その為、ウッドデッキやフローリングの色を統一したい方は使用を控えた方がいいでしょう。しかし、色のバラツキが自然の良い味を出すこともあります。

屋外で使用した場合はグレーに退色しますが、日の当たらない屋内ではツヤっぽく輝きがでてきます。耐久性は目が詰まっていて重く堅いため、イペ材と同レベルのとても高い耐久性を誇ります。但し、その堅さから加工が難しい木材でもあります。
また、イペと比べると反りや曲がり、割れなどを起こしてしまう場合が若干多いので注意が必要です。
木肌は、少しササクレたように逆毛立っているため、なめらかに磨く必要があることも頭にいれておくとよいでしょう。
しかし、磨くことで木目はさらに美しくなり、クマル材の素材の良さがより引き立ちます。クマル材の扱いには少々の注意点がありますが、それを補う程の性能の高さと価格の安さで注目されています。

公共施設にも使われる実力派

クマル材は、耐久性の高さと価格が安いことから、公共機関のウッドデッキやテラス、フェンス、お寺などにも使われる実力派の木材です。また、ショップなどの土足で使用するフローリングにクマル材を使うこともあります。

見た目と価格を重視するならクマル材

ウッドデッキやフローリングなど、木目の美しさを重視したい、だけど価格を抑えたい、ということであればクマル材が最適です。
高級なイペ材よりもコストを抑えることができますし、何より優れた耐久性がありますので、イペ材が高騰している最近ではよく選ばれている木材です。