column
ウッドデッキの豆知識

カリマンタンジャラ材について

マレーシアやインドネシアを初めとする東南アジア産のカリマンタンジャラは、別名ジャンブジャンブ、トリスタニアとも呼ばれています。
フトモモ科の広葉樹で耐久力があり、主にウッドデッキなどの屋外に使われています。
フトモモ科のカリマンタンジャラは、オーストラリアによくあるユーカリの仲間で、オーストラリアでは木目の美しさから化粧板などに使われています。仕上がりがキレイなだけでなく、割れにくい木材です。

カリマンタンジャラは竹のように粘りがあり、虫にも強い!

カリマンタンジャラは、ハードウッドらしく耐久性が高い材木です。
屋外でも15年以上は使用可能といわれその耐久性は、セランガンバツに匹敵するほどで、屋外でも安心して使用することができます。

ハードウッドではありますが、日本の竹のように粘りとしなやかさがあり、施工後に割れることも少なく長期間美しさを保つことができます。
この粘りにより、多少の曲がりがあっても施行の際に修正することもできます。

ただし、カリマンタンジャラは非常に堅い材木のため加工が難しく、DIYなどには不向きだといえます。
ビスを打つ時にも下穴を開ける必要があります。

カリマンタンジャラは防虫性に優れた面もあります。シロアリやフナクイ虫などの害虫に強いので、デッキ材、エクステリア材に最適です。

幅広い用途で使用可能なカリマンタンジャラ

カリマンタンジャラの色味は明るい赤褐色で、ウッドデッキに使うと明るい雰囲気になります。表面の質感や色調はハードウッドの中でもトップクラスの美しさです。

ウッドデッキやエクステリア以外にも、船の甲板や屋根、ベニヤ板、鉄道の枕木に使われています。
また、加工後の表面のなめらかさから家具や装飾的な用途にも使われることがあります。

このように、高い耐久性と仕上がりの美しさが、カリマンタンジャラが幅広い用途で使用されている理由です。

知名度は低くても強度が高くオススメ

カリマンタンジャラは、非常に強度も高くウッドデッキ材としては優秀な材木ですが、残念ながら日本での知名度はそれほど高くなく、取り扱いも少ないのが現状です。
そのため、流通量は決して多くはありませんが、もしウッドデッキやエクステリア材を探しているのであれば、カリマンタンジャラを選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

当店ではカリマンタンジャラの取り扱いも行っております。
耐久性と仕上がりの美しさを両立させたい方におすすめします。