column
ウッドデッキの豆知識

ウッドデッキの木材を選びましょう

ウッドデッキを自分で作るとなった時に、木材選びはとても重要になってきます。
ウッドデッキで使われる木材には、さまざまな種類があります。自分にどれくらいDIYのスキルがあるか、どのくらい耐久性を重視するかなどで選ぶ木材は変わってきます。
ここでは、ウッドデッキに使う木材の選び方についてご紹介します。

木材はハードウッドとソフトウッドの2種類

ウッドデッキに使われる木材は、大きく分けてハードウッド(広葉樹)とソフトウッド(針葉樹)の2種類があります。
ハードウッドは、名前の通り堅い木で耐久性の高い木材です。アイアンウッド(鉄の木)と呼ばれるくらい堅い木材のウリンやサイプレス、イペ、イタウバなどが有名です。
ソフトウッドは、ハードウッドと比べると柔らかく、加工がしやすいことが特徴です。ソフトウッドの代表としては、レッドシダーやレッドウッド、SPF(スプルース)、パイン、ファーなどがあります。

木材はどっちを選べば良い?

ウッドデッキを作る際、最適な木材の選び方が分からない人は多いと思います。
用途や値段、その場所に適合しているかということや、自身のDIYの経験値に応じて使う材料は異なってきます。
では、ハードウッドとソフトウッド、いったいどちらを選べばいいのでしょうか?

ハードウッドは、腐食や腐朽に強く、耐久性に優れているためメンテナンスフリーで20年近く使用できると言われています。木の繊維が非常に細かいことも、長く利用できる理由の一つです。
ハードウッドは、非常に硬い木材なので、電動ノコギリなどの工具が必要で、加工がやや難しくなります。

一方、ソフトウッドは、簡単に切断でき、ネジで固定する際も下処理なしで電動ドライバーが使用できますので、加工しやすいことが特徴です。
価格もリーズナブルで、SPF(2×4サイズ)などは、ホームセンターでも取り扱っています。
ただ、ソフトウッドは、耐久性が劣るため、防腐処理済の木材を選んだり、定期的に防腐塗料を塗るなどのメンテナンスが必要になります。

ハードウッドとソフトウッドには、それぞれ異なる特徴があります。
ハードウッドは堅く耐久性がある反面、加工がやや難しいことが特徴です。
ソフトウッドは加工がしやすいという反面、耐久性が劣るため、防腐処理をしたりと手間がかかります。

ウッドデッキに使用する場合は、ハードウッドをオススメいたします。加工がやや難しくはなりますが、悪環境に強く、木材の種類によってはメンテナンス不要で20年以上も使用できる高い耐久性はウッドデッキには理想の木材と言えます。
どうしても、ハードウッドの加工がご自身で行なうことが難しいと思うのであれば、工務店などの施工業者に依頼するとよいでしょう。

取り扱い商品

セランガンバツ

人気
No.1
在庫豊富

販売サイズ一例

45×60×2700 2,800円
45×60×3000 3,100円
90×90×2000 6,100円
90×90×3000 9,100円
20×105×2000 1,600円
20×105×3000 2,400円
30×120×2000 2,700円
30×120×3000 4,100円

商品情報はこちら

ウリン

耐久性◎
短尺サイズが
お買い得

販売サイズ一例

45×70×2000 2,900円
45×70×3000 4,800円
90×90×2000 7,500円
90×90×3000 12,300円
20×105×2000 2,000円
20×105×3000 3,200円
30×120×2000 3,400円
30×120×3000 5,500円

商品情報はこちら

イタウバ

加工性
が良く
手触り抜群

販売サイズ一例

45×70×2100 2,600円
45×70×3000 4,000円
90×90×2100 6,700円
90×90×3000 10,200円
20×105×2100 1,800円
20×105×3000 2,700円
30×120×2100 3,000円
30×120×3000 4,600円

商品情報はこちら

アマゾンジャラ

高級感
のある
木肌が魅力

販売サイズ一例

45×70×2100 2,700円
45×70×3600 4,700円
90×90×2100 6,800円
90×90×3000 10,000円
20×105×2100 1,800円
20×105×3000 2,600円
30×120×2100 3,000円
30×120×3000 4,500円

商品情報はこちら