column
ウッドデッキの豆知識

ウッドデッキの寿命は木材、材質で異なる

ウッドデッキは屋外に設置しますので、耐久性の高い木材を使う必要があります。 ここでは、ウッドデッキの寿命に大きく関わるハードウッド、ソフトウッド、人工木材の3つの木材についてご紹介します。

ウッドデッキでポピュラーなハードウッド

ウッドデッキで使用する木材で、最もポピュラーなのがハードウッドです。ハードウッドは名前の通り、非常に堅い木材で耐久性が高いことが特徴で、寿命は20年程度と言われています。
種類によっては、水や害虫に強いものもあり、屋外でも長期間使用をすることが可能です。
なかでも、「鉄の木」と呼ばれるほど耐久性が高い「ウリン」や「イペ」が人気を集めています。

メンテナンス次第では長持ちするソフトウッド

ハードウッドと比べると比較的価格も安く、名前の通り、質感も柔らかい木材のソフトウッドは、ハードウッドよりも耐久性は低く寿命も短くなります。ただし、レッドシダーなどの木材は比較的耐久性があり、そういったものを選べばソフトウッドでも耐久性のあるウッドデッキを作ることは可能です。
また、防腐、防水効果のある塗料で塗装することで耐久性を高めることができます。
定期的に再塗装するなど、メンテナンスを怠らないことでウッドデッキの寿命を延ばすことができます。

ウッドデッキの寿命は使用環境によって大きく変わる

丈夫なハードウッドを使用していても、種類によって長所と短所があるように、ウッドデッキの寿命の長さは一概に言うことはできません。
しかし、ハードウッドといえども、太陽があまり当たらない日陰や、風通しの悪い場所、湿気を帯びている環境にあると、腐食が進みやすくなります。
逆に、風通しが良く、程よく乾燥する場所であれば、より長期間使い続けることが可能です。

長くウッドデッキを使いたいなら、日々のメンテナンスが大事!

ウッドデッキの寿命は木材の材質だけで決まるわけではありません。耐久性の高い木材を使用してもメンテナンスを怠ると寿命は短くなってしまいます。
ソフトウッドの場合、湿気に弱いため、小まめなメンテナンスが必要となり、約2年毎に塗料を塗り替える必要があります。
ハードウッドは、無塗装で20年以上使用でき、基本的にはメンテナンスの必要がないと言われていますが、より長く使い続けたいなら、日々のメンテナンスもしっかりと行うようにしましょう。

取り扱い商品

セランガンバツ

人気
No.1
在庫豊富

販売サイズ一例

45×60×2700 2,800円
45×60×3000 3,100円
90×90×2000 6,100円
90×90×3000 9,100円
20×105×2000 1,600円
20×105×3000 2,400円
30×120×2000 2,700円
30×120×3000 4,100円

商品情報はこちら

ウリン

耐久性◎
短尺サイズが
お買い得

販売サイズ一例

45×70×2000 2,900円
45×70×3000 4,800円
90×90×2000 7,500円
90×90×3000 12,300円
20×105×2000 2,000円
20×105×3000 3,200円
30×120×2000 3,400円
30×120×3000 5,500円

商品情報はこちら

イタウバ

加工性
が良く
手触り抜群

販売サイズ一例

45×70×2100 2,600円
45×70×3000 4,000円
90×90×2100 6,700円
90×90×3000 10,200円
20×105×2100 1,800円
20×105×3000 2,700円
30×120×2100 3,000円
30×120×3000 4,600円

商品情報はこちら

アマゾンジャラ

高級感
のある
木肌が魅力

販売サイズ一例

45×70×2100 2,700円
45×70×3600 4,700円
90×90×2100 6,800円
90×90×3000 10,000円
20×105×2100 1,800円
20×105×3000 2,600円
30×120×2100 3,000円
30×120×3000 4,500円

商品情報はこちら