column
ウッドデッキの豆知識

ウッドデッキの使い方

家の庭にウッドデッキを作るかどうかで迷っている方もいるかと思います。踏み切れない理由のひとつとして、ウッドデッキがあることで生活はどう変わるのかがはっきりとイメージできないことがあるのではないでしょうか。ここではウッドデッキの利用方法についてご紹介します。参考にしてください。

使われていない庭の有効活用

自宅に庭があっても、あまり有効に活用できていない家庭も多く見受けられます。庭があっても、設備が何もないと活用は難しいことが多いでしょう。庭にウッドデッキを設置することで活用の幅は大きく広がります。ウッドデッキを作った端材を利用して、テーブルや椅子も作れば活用の幅はさらに広がり、雰囲気もより良くなります。

屋内の延長。セカンドリビングとして使える

ウッドデッキは、屋内の延長と考えてみましょう。リビングやダイニングに隣接してウッドデッキを作れば、セカンドリビングとして使用することができます。木の表面がなめらかな材を使えば、裸足でウッドデッキに出ることもできます。

休日は、ウッドデッキに出て食事や読書を楽しめます。普段は家の中で行なっていることも、外に出るだけで気分もかなり違って楽しむことができるはずです。天気の良い日はウッドデッキの上にシートを敷いて日光浴もできます。遠方まで行かなくとも、家の庭でさながらアウトドア気分を満喫できます。
子どもやペットの遊び場としても活躍します。外でも親の目の届く所で遊ばせることができるので安心感もあるでしょう。

家族や友人とのホームパーティーに

休日は自宅に友人を招いて、美味しい料理とお酒を並べてホームパーティーを開く家庭は少なくないと思います。もちろん屋内でも十分に楽しいパーティーですが、ウッドデッキがあれば庭でパーティーをすることもできます。外で行なうことで特別感が演出できます。同じ料理でも外で食べることで、一層美味しく感じられるはずです。また、家の中ではできないバーベキューも楽しめます。片付けが多少面倒なバーベキューも家の庭ならば、片付けも楽です。

さらに、大人数のパーティーでは、リビングだけでは手狭でもリビングとウッドデッキを併用することで十分なスペースが確保できます。外でバーベキューを楽しんで、少し疲れたらリビングでゆっくりするなど、過ごし方にも幅がでます。
大好きな家族や友人と、外で楽しむパーティーはきっと特別な一日になることでしょう。

普段は実用的な使い方を

休日の利用だけではなく、日常でもウッドデッキを活用しましょう。
日常では洗濯物を干す際に活躍します。ウッドデッキであれば部屋から簡単に外に出ることができるため、洗濯を干す時に少し楽になるでしょう。小さなことですが、毎日の家事に関わることなのでその効果は大きいはず。
また、普段は洗濯物をベランダで干していて、スペースが狭く感じている場合はウッドデッキに移動することでスペースを広くとることができます。

以上はウッドデッキを利用する一例です。その他にも様々な活用方法があるでしょう。ウッドデッキを作る際に重要なことは、ウッドデッキを作って何がしたいかをイメージすることです。やりたいことに応じてウッドデッキのデザインも変わってきます。事前にやりたいことをイメージしておくことで理想のウッドデッキを作ることができます。