column
ウッドデッキの豆知識

ウッドデッキがボロボロに。。。そんな時の為の補修法

ウッドデッキは木材が腐食する可能性があるため、ハードウッドと呼ばれる耐久性が高い木材がよく使われます。ウリンやイペといった、耐久性がトップクラスのハードウッドなら20年以上使用できるといわれています。
しかし、日本のように湿度の高い気候だと、どうしても床板が腐ってしまったり、割れてしまうことがあります。
そこで今回は、ウッドデッキの床板を補修する方法をご紹介します。

傷んだ床板材を剥がす

ウッドデッキの床板材が腐食したり、割れてしまった場合は、施工業者に張り替えを依頼することもできますが、自分で補修することも十分可能です。DIYに興味のある人は挑戦してみましょう。

まずは傷んでしまった床板材を剥がします。作業をする際は軍手やグローブを着用してトゲが刺さらないよう注意しましょう。
床板材は木ねじで土台に固定されているので、電動ドライバーを使って木ねじを外すと効率的です。ねじも錆びてしまっていることが多いので、ねじ山をつぶさないように気をつけながら、慎重にねじをはずしましょう。ドライバーをねじの溝にしっかりとはめこみ、最初はゆっくりとまわします。ねじ山がつぶれそうな場合は、マイナスドライバーをハンマーで打ち込んで、ねじ山の溝を深くしましょう。無理に取ろうとすると、ねじが途中で折れてしまうこともあります。

木ねじを外したら、手やバールを使って床材を持ち上げて除去します。腐食してボロボロになっている箇所は、手で容易に剥がせることもあります。

新しい床板材を張る

張り替える床板材は、ウッドデッキに使用しているものと同じ木材を用意し、除去した床板材と同じサイズにカットします。ハードウッドは非常に堅い木材なので、電動ノコが向いています。
カットしたら、下穴を空けて土台に木ねじで固定します。木の端はひび割れがおきやすいので、面倒だとしても下穴は必ず空けるように。
また、痛んでいる床板をはがしたときに、床板を支える束柱や梁までも腐っている場合があります。腐食がひどい場合には木材を取り替えたり、また腐食部分だけ取り除き、木工の充填剤などで応急処置を施したり、的確に対処しましょう。

塗装をして、腐食や割れを防止しよう

床板材を新しく張ったら、腐食や割れを防止する為に浸透系の塗料で塗装します。
新しく張り替えた箇所は、古い部分と色の違いが出てしまいます。気になる人は全体を濃いめの塗料で再塗装すれば、色の違いは気にならなくなります。

床板材などが傷んでしまっても、その都度補修することで、ウッドデッキを長く使いつづけることができますので、大切に使っていきましょう。

取り扱い商品

セランガンバツ

人気
No.1
在庫豊富

販売サイズ一例

45×60×2700 2,800円
45×60×3000 3,100円
90×90×2000 6,100円
90×90×3000 9,100円
20×105×2000 1,600円
20×105×3000 2,400円
30×120×2000 2,700円
30×120×3000 4,100円

商品情報はこちら

ウリン

耐久性◎
短尺サイズが
お買い得

販売サイズ一例

45×70×2000 2,900円
45×70×3000 4,800円
90×90×2000 7,500円
90×90×3000 12,300円
20×105×2000 2,000円
20×105×3000 3,200円
30×120×2000 3,400円
30×120×3000 5,500円

商品情報はこちら

イタウバ

加工性
が良く
手触り抜群

販売サイズ一例

45×70×2100 2,600円
45×70×3000 4,000円
90×90×2100 6,700円
90×90×3000 10,200円
20×105×2100 1,800円
20×105×3000 2,700円
30×120×2100 3,000円
30×120×3000 4,600円

商品情報はこちら

アマゾンジャラ

高級感
のある
木肌が魅力

販売サイズ一例

45×70×2100 2,700円
45×70×3600 4,700円
90×90×2100 6,800円
90×90×3000 10,000円
20×105×2100 1,800円
20×105×3000 2,600円
30×120×2100 3,000円
30×120×3000 4,500円

商品情報はこちら