column
ウッドデッキの豆知識

イペ材について

一昔前までウッドデッキ材の主流はイペ材でした。イペ材は、木目が詰まって美しく耐久性も高いため、人気、実力ともにナンバーワンといわれる「ハードウッドの王様」と称される程人気のハードウッド材です。

木目が美しく、高い耐久性がある「イペ材」

イペ材は中米から南米が原産地で、木目が詰まっていて非常に美しい木材です。
辺材は淡い褐色をしていますが、心材は緑褐色や茶褐色など様々です。木材の色を統一することは難しいですが、少々の色味のバラつきは自然の風合いが感じられ美しく見せることができます。屋外で使用すると、多くのハードウッド材と同様にシルバーに退色します。

ヨーロッパでは水辺に使用することがあるほど丈夫です。耐久力が高く、水辺での悪条件下でも20年以上使用できるといわれており、ウッドデッキにも最適です。イペ材はラパコールという成分を含んでおり、その成分が高い防腐、防虫効果を発揮します。
木の密度が高く非常に堅いため、加工には電ノコ等の専門の道具が必要になり、加工性は高いとは言えません。初心者がDIYなどで扱うことは難しいでしょう。
また、ササクレが立ちやすいので、素足で歩くことを想定している場合には使用は控えたほうがよいでしょう。靴履きを想定したウッドデッキを作る場合に向いています。

ウッドデッキのスタンダード!

最近ではウッドデッキにさまざまな木材が使われていますが、少し前までイペ材が主流でした。公共の施設でいうと、海ほたるや横浜大桟橋、六本木ヒルズなどにも使われています。湿気の多い水辺や海岸などの悪環境でも使用されていることから、その高い耐久性が伺えます。
イペ材は昔から使用されている木材ですので、施工業者の間では「馴染みの木材」として親しまれています。施工後に表面が割れてしまったり、反りや歪みが出ることが少ないため、トラブルが少なく安定しています。イペ材はまさに「ウッドデッキのスタンダード」「ウッドデッキの王様」といえます。

手に入りづらいけど、ぜひ使って欲しい材

イペ材は、ウッドデッキなどで使うエクステリア材としては、ポピュラーな部類でしたが、近年では供給が安定せず手に入りづらくなっており、価格が高騰しています。そのため、代替としてイペ材に似たクマル材が使われることが増えています。
しかし、イペ材はクマル材よりも反りや割れなどが発生しづらいほか、木目もキレイだといわれています。価格の高さがネックですが、耐久性、木目の美しさ、反り、歪みの少なさを重視するのであれば、イペ材は最適な選択といえます。