現在見積もり中のアイテムを表示できます。

不明な点はお気軽にお問合せ下さい!


商品に関するご質問・
お見積り・サンプル請求
こちらからどうぞ!

日ごろから行いたいウッドデッキの簡単お手入れ方法

投稿日:

日ごろから行いたいウッドデッキの簡単お手入れ方法

ウッドデッキには、ハードウッドと呼ばれる堅い木材を使うため、メンテナンスフリーで20年以上使用できると言われています。
しかし、雨や湿気の多い日本ではウッドデッキへのダメージもあるため、気になる方は定期的にウッドデッキを手入れすることをおすすめします。
ここでは、ウッドデッキの手入れ方法についてご紹介します。

なぜ木は腐ってしまうのか?

木が腐るのは、菌が増殖するために必要な栄養素が木材には多くあり、また害虫のエサとして食べられてしまうというのが主な原因となっています。
酸素、水分、温度、栄養の4つの条件が揃うと、シロアリや菌が繁殖すると言われていて、日本は木が腐りやすい土地柄と言っても過言ではないでしょう。
ハードウッドは大変丈夫ではありますが、天然木なので絶対に腐らないということはありません。

日常的にできるメンテナンス

日頃から小まめに手入れすることで、ウッドデッキの寿命は格段に長くなります。
床板の表面に溜まった砂埃などをホウキではいたり、床板のスキマに溜まったゴミなどを取るようにしましょう。
また、汚れが木材の内部まで染みこんでしまう可能性がありますので、ぞうきん掛けをしたり、デッキブラシなどで掃除を行なうと良いでしょう。

年に1回は水洗いで本格的に汚れを落とす!

日常のメンテナンスと並行して、年に2〜3回は高圧洗浄機などを使って本格的に汚れを落とすことをおすすめします。
高圧洗浄機であれば、木材に染みこんでしまった汚れを落とすことができるといわれています。ただし、高圧洗浄機の圧力が強すぎると木材を傷める可能性がありますので、頻繁に使用することはオススメできません。
高圧洗浄機をお持ちでない方は、念入りにデッキブラシでこすり洗いをすると、汚れを落とすことができます。

古くなったり、退色が気になるようになったら塗装

木材の種類によっては、年月が経つとシルバーグレーに退色する場合があります。退色は、「味わい」と捉えることもできますが、気になる方は塗装することをおすすめします。
塗装をする前に、サンダーなどで表面をならしてから水洗いし、よく乾燥させます。塗装前に板の表面にゴミやホコリなどが落ちていないかをよく確認してください。
ウッドデッキの塗装には、オイルステインをおすすめします。オイルステインは木材に浸透させて使うため、表面に皮膜を作りません。そのため、木が呼吸できる塗装方法だと言われています。オイルステインをよくかき混ぜて、全体的にハケで薄く塗っていきます。むらがないように丁寧に塗ります。
2回ほど重ね塗りをすることで、シルバーグレーに退色してしまったウッドデッキが新品のような美しい木の色を取り戻す事ができます。
塗装が終わったら、丸一日は乾燥させてください。その後、しばらくは裸足での利用を控えるようにしましょう。

ハードウッドを使ったウッドデッキは寿命が長いと言われていますが、より長く使用するためにも、日頃のメンテナンスをオススメします。